受かりましたけど、何か?


お久しブリです。

塾に通う前にお子さんの成績を上げてしまう専門家、ブリさんこと神澤武利です。

画像の説明

学校の面談時に
「厳しい」「志望校を再考しなさい」と
言われる子がいます。

まあ、これは毎年のことなんですがね。

じゃあ、そう言われたら、
志望校をあきらめますか?
それとも挑戦しますか?




今年もそう言われた塾生がいたのですが、
挑戦して無事に合格してくれましたよ。

模試の判定だけで進路を決めるなんて
やっぱり良くありませんね。

もちろん全員が全員、
うまく行っている訳ではありません。

でも、挑戦しなければ、
合格も手に入らないんですよね。




ある子は、先生からは、
「絶対に受からない」と
言われていたそうです。

でも、受かりました。


ある子は、
「クリスマスも正月もなく勉強すれば、
受かる可能性もあるでしょうが、
まあ、無理でしょう。」

そんな風に言われたそうです。
泣きながら塾に来ました。

でも、はい受かりました。
クリスマスも正月も楽しんでいました。苦笑




子供は本気になれば、
あっという間に変わります。

いまは実力が伴わなくても、
一ヶ月あれば逆転は可能です。

もちろん、
親御さんの強力なバックアップが
あってこその結果だと思います。

本当に行きたい、
自分には出来ると信じているなら、
(↑結構重要です)
挑戦させて欲しいと思います。

覚悟もあるでしょうからね。




挑戦には、
常に失敗のリスクが伴います。
でも、その失敗も大切な経験なんです。

合格した後のことを考えると…、
というのも分かります。
でもね、それも大切な経験。

結局、自分の目の前に立ちはだかる困難は
自分で解決するしかないのです。

それに、若いうちであれば、
十分に挽回できますからね。

大人だって、
まだまだサポートしてあげられます。

子供達には、
自分の希望を叶えるべく、
どんどん挑戦して欲しいと思います。




学校の先生方が、
なぜ子供の可能性に蓋をする
言い方をするのか分かりません。

保証がなければ挑戦しない人生を
ご自身が歩んでいるから!?

ありがとうございました。





責善学舎・和光無限塾[和光市 学習塾 英語 英検 高校受験 中学受験 入試]

コメント


認証コード1630

コメントは管理者の承認後に表示されます。