防災意識を持って

お久しブリです。

最近、こういった話題が少なかったのは、
思ったほど危険性を感じることが少なかったからですが、
ちょっとこの話題には私の警報が…。

宇宙天気ニュース

2014/ 2/25 13:02 更新
太陽の東端でX4.9の大規模フレアが発生しました。

画像の説明

担当 篠原

今朝、25日9時半(世界時25日0時半)に、
太陽の東端でX4.9の大規模フレアが発生しました。
SDO衛星AIA131による動画を掲載します。

Xクラスのフレアの発生は、1月7日(世界時)のX1.2以来です。
また、X5規模の大きさのフレアとしては、
2012年3月7日のX5.4以来、およそ2年ぶりの発生です。

発生したのは、ここ数日活動が目立っていた太陽の東端です。
可視光写真では黒点が姿を現しています。

CMEも発生していて、SOHO衛星LASCO C3では、
左下に向かって濃いガスの噴出が撮影されています。
まだ発生直後なので、CMEの広がる様子は明日紹介できるでしょう。

この黒点には1990黒点群と番号が付きました。
引き続き、この領域の活動に注目して下さい。

太陽風は、昨日のニュースの直後に、
速度が600km/秒近くに上がりましたが、
以降はゆっくりと低下して、現在は450km/秒とやや高速です。

磁場強度は、5nTから3nTに弱くなっています。

磁気圏では、小規模の変動が発生していて、
AE指数は300nTくらいの変化が数回発生しています。

SDO衛星AIA193の太陽コロナ写真では、
太陽の中心に細長いコロナホールが見えています。
3日後くらいにこの領域の影響が
太陽風に見られるかもしれません。

また、1990黒点群の活動によって、
規模の大きい太陽風の擾乱が到来する可能性もあります。

【転載終了】


25日にXクラスの太陽フレアが発生したようです。
太陽フレアは地球の地殻変動を活発化させると言われています。

大きな太陽フレアが発生した場合、
地球規模での地震や噴火に注意が必要ということです。

3.11の前にもXクラスのフレアが発生していたという話は有名です。


探してみたら、
今回の太陽フレアの様子を音楽つきで動画にしてあるのを見つけました。
太陽も生きているんですね。

宇宙天気ニュース

2014/ 2/26 12:19 更新
X4.9フレアのCMEにより、明日くらいに太陽風の乱れが到来する可能性があります。

担当 篠原

昨日のX4.9フレアの動画では、
SDO衛星AIA131の写真に一枚だけ、
人の姿の様な面白い形をしたプロミネンスが写っていました。
興味深かったので、SDO衛星の他のAIAカメラの写真を調べると、
前後の時間の写真が撮られていたので、
それらを繋げて動画を作ってみました。

AIAカメラにいくつも種類があるのは、
異なる波長を使うことで、コロナの異なる様子を撮影するためです。
(撮影できる温度や領域についてては、英語ですが Wikipedia を)

従って、これらをまとめて繋げてしまうのは無理があると思いますが、
それでも、吹き飛んでいく前後の様子が良く見えるので、
注意しながらご覧下さい。
こういう動画は初めて作ってみたのですが、面白いですね。

さて、この大規模フレアに伴って
CME(太陽ガスの放出現象)が噴出しています。
SOHO衛星の写真が揃ったので、LASCO C3の動画を掲載します。
主に左下に向かって噴き出していますが、
規模が大きいため、地球方向にもある程度向かっている様です。

NOAA/SWPCの太陽風予測でも、
飛び出したプラズマの塊の端の部分が地球に達しています。

到来は、発生から2日後となる、
明日、27日の朝頃になりそうです。
太陽風速度の高まりに注目するとともに、
太陽風の磁場がどのくらい強まり、南向きに振れるかに注意して下さい。
大きく南向きに振れた場合、速度の高まりも重なって、
激しい磁気圏活動をもたらす可能性があります。

新月に近いので、オーロラを観望するには良い条件です。

フレアの発生がもう数日遅ければ、
地球への影響もより大きなものになったでしょう。

太陽では、その後1990黒点群は特にフレアを起こしておらず、
1989群でC5.0、1986群でC4.5、C5.7が起きているくらいです。
引き続きフレアの発生に注目して下さい。

太陽風は、ゆっくりと速度を下げて、
370km/秒と低速の風に変わりつつあります。
磁場強度も3nTと弱まっています。

磁場の南北成分は、
振れ幅は小さいですが、南北に変化していて、
その影響でAE指数も小さく変化しています。

昨日紹介したように、
SDO衛星AIA193の中心部に見える
コロナホールの影響も注目されますが、
CMEによる擾乱が到来すれば、太陽風は乱れた状態が続くでしょう。

X4.9のフレアによって、
太陽放射線(非常に高速の陽子)も増加しています。
警戒レベルの10を越えて、20くらいに達しています。

【転載終了】


入試直前のこの時期に…、ちょっと嫌なタイミングだなと思います。
何も起こらないといいのですが…。

スタッフ全員、防災意識を高めに指導に当たろうと思います。

ありがとうございました。

コメント


認証コード5674

コメントは管理者の承認後に表示されます。