子供に夢を語らせる前に、大人が夢を語れ

お久しブリです。

塾講師目線&父親目線で、塾に通う前にお子さんの成績を上げるちょっとしたコツを伝える専門家、ブリさんこと神澤武利です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

画像の説明

ずいぶん昔のことですが、
法事か何かで久しぶりに
従兄弟に会ったことがありました。

互いに近況を報告したのですが、
自分が学習塾を経営していること、
自分の夢なんかも話しました。

すると、
「夢とかそういうことが話せるって凄いよなぁ」
としみじみ言われたことがありました。




今日は教室長の記事を紹介します。

やりたいことと「言霊」


最近、面談をよくしていて思うのが、

子ども達が「やりたいこと」を口にしなくなった

ということです。

(別に「最近の若者は」みたく嘆いているわけではないですよ?)


恥ずかしいとかかっこ悪いとか、

もしうまくいかなかったら嫌だとか、

そういった理由がほとんどだと思います。


大人も同じですね。

あまり人前で「やりたいこと」を堂々と口にする人って

少ないんじゃないかと思います。


こないだぼくが友達と食事をしているときに、

日本の教育をこう変えていきたいとか、

ビジネスをこういう風にしていきたいと話していたら

ぽかんとされました。

続きはこちら





従兄弟に話した夢の
すべてが実現したとは
まだ言えません。

ですが、あの時と変わらずに、
いまも夢は抱いています。

ある意味途方もないことを
夢想していたりするので、
死ぬまでに実現できるかどうかも
不明です。




でも、塾生たちの前に立つ
自分たちが夢を語れずに、
どうして子供達に夢を見てもらえるのでしょう。

学校の教員など大人は
「あなたの夢はなんですか?」と
よく子供達に問いかけます。

では逆に
「大人のあなたの夢は何ですか?」
「そのために今何をしているんですか?」

そう問いかけられた時に、
きちんと返事はできるのでしょうか。




もし、何も出てこないのなら、
子供たちに問いかける前に、
まずは自分に問いかけるべきでしょうね。

子供達は我々大人の背中を見ているという
(いや、すでに見てくれてなんて
いないのかもしれませんが・・・。)
自覚は持っていたいものです。

ありがとうございました。








大学受験で英語が得意なのは、
大きな大きなアドバンテージ。

もしあなたが本気で英語を上げたいのなら、
鈴木教室長の授業がオススメ!

でも、部活や遠方で通えない人、
塾や予備校で思うような効果が出ていない人は、
こういう映像授業で一気呵成に集中勉強するのも
良いと思いますよ。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。





責善学舎,和光無限塾[和光市 学習塾 英語 英検 英語4技能 高校受験 中学受験 入試],大人の英語塾,オリジナル香水まとい,脳力ごはん,除菌消臭水プリュテック

コメント


認証コード6628

コメントは管理者の承認後に表示されます。