入試をパスするまでが勉強?



お久しブリです。

塾講師目線&父親目線で、塾に通う前にお子さんの成績を上げるちょっとしたコツを伝える専門家、ブリさんこと神澤武利です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

このブログは親御さんだけでなく、
学習を続けるすべての方に向けて書いています。

画像の説明

今日、教室長による高校生対象の授業を
見学していました。

最近は高校生の塾生が増えてきているので、
それも難関大学受験対策英語の希望が多く、
授業のレベルも高くなってきています。

もちろん塾生の意欲も高いので、
とても興味深い授業が展開されています。

受講生は英検2級を持っているのが当たり前。
そのうち英検準1級取得者がぞろぞろ出てきそうです。




特別に難解な授業を
している訳ではありません。

むしろ笑顔の生徒が多い授業です。

だって、英語を学ぶことを
面白がっている講師が教えているんですから、
当たり前ですよね。




塾生たちの顔つきを見ていると、
受験対策と称しておきながら、
全然違う印象を与えます。

これはライフワークとして
英語を学んでいるんではないかと思うくらいです。

それは、受験のためではなく、
英語を使って人生の幅を広げようと意識して
授業が行われているからだと思います。

もちろん受験に必要な事柄も
きちんと伝えています。

でも、最近の受験の傾向を考えると、
単なる受験対策英語をしている子よりも、
教養としての英語学習をしている子の方が、
圧倒的に有利なんですよね。




人によっては、
勉強を「入試をパスするまでの勉強」と
捉える向きがあるかと思います。

でもそれだと勉強が単なる苦行となり、
継続して学び続けていくことはできません。

いまの変化の激しい世の中は、
受験が終わったら学びが終了するのではなく、
常に学び続ける必要があります。

それはきっと社会人である
親御さんが痛感しているはずです。

受験対策・試験の成績ばかりに気をとられると、
『続けること』がおろそかになってしまい、
結果的に将来に渡って苦労することになります。

ですから、成績云々よりも、
まずは学習を続ける大切さを学ばせるべきなのです。




「我が子には自分から机に向ってほしい」
そう願う親御さんは多いはずです。
きっとほとんどの方がそうでしょう。

でも「入試をパスするまでの勉強」を
強いていたのではその願いは叶いません。

もしお子さんの勉強が
苦行となっているのであれば、

まずは親御さんから
考え方を変える必要がありそうです。




子どもたちには、
入試に通るためだけではなく、
自分の好奇心を満たすためにも学んでもらいたいものです。

今日の鈴木教室長の授業は、
学ぶ楽しさに気づきつつ、
受験対策にもなっているというミラクルな授業でした。

ありがとうございました。







大学受験で英語が得意のなのは、
大きな大きなアドバンテージです。

もしあなたが本気で英語を上げたいのなら、
鈴木教室長の授業に加えて、こちらがオススメ!
いまならキャンペーン中のようです↓↓↓

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


↑の関先生の英語と鈴木教室長の授業とを組み合わせると、
かなりの効果が期待できます。

何から手をつけていいかわからないあなた、
まずは英語を得意にしてください。

英語の実力はほぼ指導者で決まります。
よい先生を見つけてください。

自分1人でやっていてうまくいかない人、
誰かにお尻を叩いてもらわないと出来ないのは、
みんな同じです。

映像授業でうまくいかないのは、
実際にお尻を叩いてくれる人がいないから。




責善学舎,和光無限塾[和光市 学習塾 英語 英検 英語4技能 高校受験 中学受験 入試],大人の英語塾,オリジナル香水まとい,脳力ごはん,除菌消臭水プリュテック

コメント


認証コード3308

コメントは管理者の承認後に表示されます。