教科書改訂と中1ギャップの危険


お久しブリです。

塾に通う前にお子さんの成績を上げてしまう専門家、ブリさんこと神澤武利です。

画像の説明

新年度は教科書改訂です。
4月から新しい教科書での授業が始まります。

ここで気をつけたいのが
中一ギャップです。




中一ギャップとは、
小学校から中学校の環境変化についていけず、
落ち込んだり、自信をなくしてしまう状態のことです。

不登校やいじめ増加の原因にもなっています。

環境変化や人間関係だけではありません。
学習状況も中1ギャップの大きな要因になります。

小学校に比べ、
授業のスピードが早く、内容も高度で
学習についていけずにいたところに、
定期テストで追い打ちをかけられるのです。




特に教科書改訂の年は
気をつけるべきです。

新しい教科書に先生も慣れていないので、
授業も今までに比べて不安定です。

一番影響があるのが英語。

小学校で多少触れられているとはいえ、
中学で1からスタートすると言える教科ですからね。

何となくアルファベットをやっていたようなつもりでいたら、
1学期後半には一気に進度が早くなります。

部活に体が慣れる頃には
もう置いていかれている感じです。




これを防ぐには、
早めに英語をスタートしておくこと。

あるいは親御さんがしっかりサポートすることです。

中1最初くらいの英語であれば、
十分に教えることはできると思います。

それが厳しいなら、
専門家に委ねるのも手です。




教科書改訂の年、
中学一年生は例年以上に
気を使ってあげて欲しいと思います。

まずは最初の定期テストを
今までの小学校の時のテストと同じ感覚で
受けないようにしましょう。

ありがとうございました。





中1ギャップを防ぐ男、
鈴木教室長が大人の方向けに
「英語塾」を開いています。

short seminar


責善学舎・和光無限塾[和光市 学習塾 英語 英検 高校受験 中学受験 入試]

コメント


認証コード3362

コメントは管理者の承認後に表示されます。