泣かれました

お久しブリです。

昨日、とっても嬉しいことがありました。
卒業生が顔を出してくれたのです。それも第一期生!!

そうです。私が塾をはじめて、最初の卒業生です。
もう15年経つんですよね〜。


入試前・テスト対策期間だったので教室が空いていなく、
申し訳なくも、玄関で立ち話となってしまったのですが、
それでも久しぶりにいろいろな話をすることが出来ました。


来てくれた卒業生ふたりは女の子で、ふたりとも苗字が変わっていました。
それに赤ちゃんを連れてきてくれて…。

ベビーカーに乗せられた、あまりにかわいい存在に思わず声を上げてしまったら、
でかい声に驚いたのか泣かれてしまいました…いや慌てましたね…


自分の教え子の子供って、何だか特別な気持ちになりますね。
感慨深いですし、脈々と受け継がれて来た時の流れを感じるというか…。

自分が教えていた時に中学生だった子が、
いまや人の親となっているのですよ。

画像の説明

卒業生がこうやって顔を出してくれるありがたさ。
またこうしたご縁をくださった卒業生のお父様お母様に
感謝の気持ちでいっぱいです。

「子育ての相談に乗ってください」なんて嬉しいことまで言ってくれて、
悩んだり困ったりしたことがあれば、何かできることもあるかも知れないからと
お互いのメールアドレスを交換させてもらいました。


進路相談をしていた子に、今度は子育て相談かあ。
こういう繋がりがいただけるなんて、本当に嬉しいですね。

正直、大変なことも多いし、生活は不規則だし、心が折れそうになることも多々。
でも、この仕事をしていて、またこういう塾をつくって本当に良かったと思える瞬間でした。

ありがとうございました。




コメント


認証コード0557

コメントは管理者の承認後に表示されます。