何もしないで頭を空っぽに、ぼーっとするのも大切なことなんじゃないかとも思うのですよ。


お久しブリです。

16年間の塾長経験と新しい学習手法を通して、子どもや部下の抑圧された才能を解放する専門家、ブリさんこと神澤武利です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

画像の説明

昨日高校の説明会に行きました。

その学校に向かう途中、
とある大手塾の前を通りました。

入り口には
「子供は夏に大きく成長する」の文字。

夏休みは長いですからね。
何かをすれば実りも大きいですし、
何もしなければ…ということになります。

だから、塾に来て勉強しましょうと
まあ、そう誘っているのです。




塾をやっておきながら、
実はそこに違和感を感じる私がいます。

たしかに、お勉強は大切。

数少ない長期休みですからね、
有意義に使うに越したことはありません。

でも、その反面、
例えば何もしないで、頭を空っぽに
ぼーっとするのも、大切なことなんじゃないか
とも思っちゃうのですよ。




普段は、学校やら部活やらで
とても忙しい毎日を送っている中高生。

もしかしたら、学校にいる時に
知らないうちにストレスにさらされている
そんな子もいるかも知れません。

そういったものから解放されて、
しばし心の休憩をとる時間があっても
良いと思うんですよね。

これ、学校が長期休みだからこそ、
出来ることだと思うのです。




実は私もこの間まで、
せっかくの長い夏休み、
何かを体験したり、本を読んだりと、
何か活動すべきだと思っていました。

特に体験ですね。

塾に行って勉強するよりも(受験生は別)
何かを経験してもらいたいって思っていました。

でも、この大手塾の文字を見た時に、
「何もしないことは良くないことなの?」
という素朴な疑問がふと浮かんだのです。

世間では、何もしないことが
何となく良くないことのように言われますが、
でもどうなんでしょう?




何もしていないって
本当に何もしていないのでしょうか?

私は、何もしないでいても、
思考だけは止められないように思います。

結局色々なことを頭では考えてしまいますよね。

だとすれば、具体的な行動がないからといっても
何もしていないとは言い切れないんでは…と思います。

むしろ、何かをしている時って
考えないで済むから楽かも…。

また、何かをしていないからこそ、
何かが起きる可能性だってあると思うのです。




鈴木教室長の大好きな(まあ私も好きですが)
数学者の岡潔さんは、

ぼーっとほとんど寝ているような状態の中で、
数学の理論を閃きます。
降りてくるって感じなのでしょうか。

きっと、周りの人の目からは
サボっている怠けているとしか見えなかったはずです。

でも、頭は何かを必死に
求めていたように思うのです。




実は、人は何もしないでは
いられないのかもしれません。

ぼーっとしているように見えて、
何かが起きているのかも知れません。

あなたを動かす興味のアンテナは
疲れていては働きません。

疲れているなら、
まずは十分に休息をとりませふ。

長期休み、心の洗濯をする時間も
子ども達には必要です。

もちろん
毎日昼まで寝ているとか、
受験生が休憩ばかりでは困りますがね。

ありがとうございました。





責善学舎,和光無限塾[和光市 学習塾 英語 英検 高校受験 中学受験 入試],大人の英語塾,オリジナル香水まとい,脳力ごはん,除菌消臭水プリュテック

コメント


認証コード4811

コメントは管理者の承認後に表示されます。