ここで教室長は青春時代を・・・(川越東高校)

お久しブリです。

学校説明会や新講座の開設、教室通信や広告物の作成などで忙しいのに、
先日はパソコンがフリーズして、データが消えると言う憂き目に遭いました。
パソコンを前にして呆然としているブリを目撃した塾生もいたかもしれません…。



画像の説明
川越東高校(正面から)

さてさて、昨日は川越東高校の説明会へ行ってきました。
今年、創立30周年だそうです。おめでたいですね。

卒業生も通っていますし、鈴木教室長の母校でもあるので、
縁が深い高校?だと勝手に思っています(笑)


小松原高校が平成27年4月から共学化の予定ですので、
県内の私立男子高校は5校となりますか…。
共学にする私立高校が増える中、創立時の理念を保ち続ける大変さを知るようです。

慶応志木・立教新座・川越東・城北埼玉・城西川越の5校ですが、
その中の一つで、たった一校、付属中学を持っていない昔ながらの男子校が川越東高校です。


そういえば、県内に残る私立の男子高はすべて東上線沿線というか、
結局、荒川よりも西側にあることになります。
(何か意味があるのでしょうか…)


川越東高校が付属中学を持たない理由が校長先生のお話にありました。
それは入学時のスタートラインを同じにするためなのだそうです。

たしかに、付属中学では先取り学習が当たり前なので、
高校入学組と比べると入学時に学習進度に差があるのが普通です。
付属組は、高校の内容を先取りしていますので、一斉にスタート!とは言えないですね・・・。




学校の周辺環境は抜群によい所です(笑)
詳しくは教室長に聞いてください。
(決してバカにしているわけではありませんからね~教室長)

何と言っても周りに何もないのです。車の通る音も聞こえなければ、町の喧噪なんて全く耳に入りません。
その分勉強や部活に集中できると校長先生はおっしゃっていました。
(う~ん、たしかにそうかもです。)

画像の説明
写真は教室長が所属していた川越東高校テニス部のページから

ただ、夜になると幾分怖い気がします。
ここが女子生徒の通う高校であれば気になるところですが、
ニキビ顔の男子生徒しかいないのだから大丈夫でしょう(笑)

ちなみに聞けば一番近い南古谷の駅まで徒歩で40~50分かかるとか…。(ヒエ~!)
普段生徒たちはスクールバスを利用して通学しているそうです。




部活動についても川越東イズムというべきものを感じ、ちょっと感心させられました。
これだけの進学校にも関わらず、9割の生徒が部活動に参加しているそうです。
一年生は100%近いという話でした。

面白いのが、夏休み中も当然部活動は行われるのですが、
午前中に行われる講習時間中は部活動禁止というルールです。
(講習参加は任意とのこと)

夏休みの部活動は講習の終わった後、午後から始まるらしいです。
朝から晩まで部活動ばかりのところとは違いますね。

今夏の甲子園予選の埼玉県大会では、
川越東高校の野球部が決勝戦まで行って教室長と驚きました。

そんな野球部も、
夏休みの試合のない日は当然午前中は講習。
練習は午後からだったそうです。

部活の大会成績による特別扱いがないことによい印象を持ちました。

どんなこともそうですが、ただ時間をかければいいというものではありません。
集中が大切なのですね。


ほとんどの子が大学進学を目指す点では、近隣の私立男子高と変わりません。
しかし、川越東高校は今年も500人もの入学者がいる人気校で、
その人気の理由は進学の強さだけでなく、ぶれない軸にあるのかもしれません。



画像の説明
写真は川越東高校ホームページから

今日の説明会場は、校舎の4、5階部分にある大きな講堂でした。
講堂というよりも、もうホールだったのですが、そのホールの下の階には普通教室があります。

ちょっと不思議な感じがしたんですよね。
自分の座席の下で、高校生が授業を受けているんだよなあ…って。


男子校に興味のある人は一度説明会に参加してみることをお勧めします。
ありがとうございました。




【送料無料】【U1】プライバシーを守る♪UVカット 防炎 ミラー レースカーテン【幅100】×【丈118/133(2枚組)】 【幅200】×【丈133(1枚物)】 【FABFAB】【セシール 通販】【02P13sep13】


コメント


認証コード0677

コメントは管理者の承認後に表示されます。